カラー・コラム

UC級 認定講習備忘録「特定の色の組み合わせが判別しにくい人」の呼称について

「UC級 認定講習」覚え書き

先日、AFT主催の「UC級 認定講習」*に行ってきました。その中で印象に残ったこと覚え書き。
*AFT(色彩検定協会)が昨年新設したUC級の合格者を対象としたフォローアップ的な(?)講習会です。出席するとなんか認定してもらえます。

色彩検定UC級とは「色のユニバーサルデザイン」を目標に掲げ、色覚の多様性に配慮した色使いを習得することが目的とされています。
以下AFT公式サイトから引用。

UC級 とは
「特定の色の組み合わせが判別しにくい」人が、日本では男性の20人に1人、女性の500人に1人、全体で350万人存在するといわれています。このような人たちにとっては、一見わかり易く色分けされている鉄道の路線図や、危険を知らせるサイン、電源のON/OFFを示すパイロットランプなどが同じような色に見えてしまう場合があるのです。
また、白内障等の眼の老眼によっても色覚は変化し、区別できない色が増えるといわれています。高齢化社会が進む中、このような問題は更に増える可能性があります。
「色に携わる全ての人が色覚の多様性について正しい知識を持ち、配慮をすることができる」社会の実現に向け『色彩検定 UC級 』を新設いたします。

「UC級 とは」 https://www.aft.or.jp/feature/uc.html

講習会では、登壇された先生から「試験には出ませんが」という前置のもと、この「特定の色の組み合わせが判別しにくい人」の呼称についてのフォローがありましたので、以下そのポイントを個人の感想を交えつつメモしておきます。

結論から言うと呼称について現在では主に次の2つの候補が挙げられます。

  • 色覚異常者
  • 色弱者

色覚異常者

「色覚異常」は医学・学術用語であり、その特性を表す時、正式な論文などではこれを使用するようです。
なので色覚異常の特性を持つ人は「色覚異常者」になる訳ですが、「異常者」ってなんだかキツい響きがしませんか… ?というようなお話をされたのです。確かに。なんだかすごく重篤な感じがしてしまうというか、生まれ持った特性であって病気ではないし、異常者と呼ぶのには違和感があります。当然、当事者の中にも不快に感じる方がいるのではないでしょうか。
なので、「色覚異常」は間違ってはいないが使い方には配慮を、場合によっては別の言葉に置き換えることが必要だと感じました。
対義語:「色覚異常」という特性名に対して「正常色覚」

色弱者

これは「カラーユニバーサルデザイン機構」(略称:CUDO)が提唱しています。
CUDOについては、以下CUDO公式サイトから引用。

CUDO 機構概要
特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構(略称CUDO)は、社会の色彩環境を多様な色覚を持つさまざまな人々にとって使いやすいものに改善してゆくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO 法人です。かつて色盲・色弱・色覚異常などと呼ばれた人たちや高齢者、ロービジョンの方たちにも分かりやすい色づかいの社会を作ります。

「CUDO 機構概要」 http://www2.cudo.jp/wp/?page_id=23

CUDO監修のもとでは「色弱者」という名称が使用されるようです。
「弱者」という言葉に抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、少なくとも現在の日本では全ての公共施設・公共物で色覚フリーが実現されてはいないし、多様な色覚特性への配慮に欠けたデザインによって、何らかの不自由を余儀なくされている立場は弱者と呼んでも差し支えないのかもしれません。
ということで、自治体や企業ではこの「色弱(者)」が使用されることが多いようです。
対義語:「一般色覚者」

色覚多様性

さらにもう1つ、3つ目として「色覚多様性」という言葉も紹介されました。
こちらは日本遺伝学会で提唱されているそうです。前述の2つの呼称に比べるとソフトな印象…ですが、これは当該特性を持つ人の呼称ではないので、使い方が難しいですね。
「色覚多様性を考慮したデザイン」という表現はできますが、「色弱者にも見分けやすい配色」という時の「色弱者」に該当する言葉ではないので、単純な置き換えはできません。

まとめ

当事者の方の中でも考え方、感じ方はきっと様々なのでしょう。一概に一括りにはできない問題ですが、もし自分がその名称で呼ばれたときどう感じるかということに敏感であるように…というか鈍感になり過ぎないように気をつけたいと思います。
備忘録なのでなんか怪しい箇所があったらすみません…。
いずれにせよ、まず色覚には多様性があるという認識を持つことは大事! 先天的な特性だけでなく、加齢による変化もありますからね。
ここは間違いないと思います。

補足

「色覚異常」および「色弱」は、さらにそのタイプによって下図のように細分化されます。

色覚タイプ表

  • 1型⁄P型 → 視細胞・L錐体(主に赤を感じる)が無い、または機能しない
  • 2型⁄D型 → 視細胞・M錐体(主に緑を感じる)が無い、または機能しない
  • 3型⁄T型 → 視細胞・S錐体(主に青を感じる)が無い、または機能しない

↓色のユニバーサルデザインの基本「カラー・リテラシー」に関する記事はこちらから

COLOR LITERACYカラー・リテラシーを高めよう前のページ

Photoshopで明るさ補正次のページ

ピックアップ記事

  1. Google Material Color Toolの活用法
  2. 色の調子【トーン】を利用した色選び
  3. 心理学を取り入れて効果的なLPを作ろう|ランディングページ制作の基本
  4. カラー・リテラシーを高めよう
  5. 色の対比が生む視覚効果

関連記事

  1. COLOR

    色のアクセシビリティーについて学べる動画

    色のアクセシビリティーについて学べる動画クリエイティブの最新情報が得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ランディングページ制作のポイント
  1. Color Association

    COLOR

    色の連想
  2. contrast

    COLOR

    色の対比が生む視覚効果
  3. tone

    COLOR

    色の調子【トーン】を利用した色選び
  4. COLOR LITERACY

    COLOR

    カラー・リテラシーを高めよう
  5. ランディングページ制作のポイント

    OTHER

    心理学を取り入れて効果的なLPを作ろう|ランディングページ制作の基本
PAGE TOP

バンドワゴン効果

多数に人気のあるもの、支持されているものに惹かれて、それらの製品や事象への人々の支持がさらに高まる現象。行列がさらに人を呼ぶなど。
※『バンドワゴン』とはパレード楽団のこと

フォールス・コンセンサス

多くの人が自分と同じ意見を持ち、同じような行動をするだろうと考え、自分を多数派だと思い込むこと。
(さらには周囲と同じ行動を取れば安心するという心理)
※False Consensus:偽の合意

同調効果

周囲と同じ行動をしていると安心し、逆に自分が正しいと思っても他人が異なる行動をしている場合には不安になるといった集団心理のこと。

ピグマリオン効果

他者の期待値が本人の成長・成績結果に影響を与える心理効果。
アメリカの教育心理学者・ローゼンタールの実験では、教師が期待をかけた生徒とそうではない生徒の間では成績の伸びに違いが見られた。
※『ピグマリオン』はギリシャ神話の自作の乙女像に恋をした登場人物から。

ウィンザー効果

口コミやレビューなど、第三者から間接的に情報が伝わることによって、より信憑性や信頼感が増す心理効果。
直接本人から伝えられる評価に対しては利害関係を疑ってしまうため、無関係の第三者の意見の信憑性が増して感じられる。

ハロー効果

ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。後光効果とも呼ばれる、心理学における認知バイアスの1つ。

希少性の原理

需要に対して供給が少ない時、手に入る機会が限定される場合など、同じ内容のものであっても価値を高く評価してしまう認知バイアスのこと。

アンカリング効果

交渉の際、先行して提示される何らかの数値によって後の数値の判断が歪められる認知バイアスの一種。
例えば「この商品は1万円より高いと思うか?」と尋ねることによって、回答はアンカーである1万円に近い数値になる傾向のこと。

カクテルパーティー効果

多人数が談笑している会合など周辺の雑音レベルが高い場合でも、自分が話している相手の声はきちんと聞き取れる現象から、
自分に関係のある情報には注意が向けられる効果のこと。

ストーリーテリング

伝えたい内容を、それに関連した体験談やエピソードなどを引用しながら伝えるすることで、相手に強く印象付ける手法のこと。
物語として記憶されるので印象に残りやすい。

エピソード記憶

特定の日時や場所と関連した個人的経験(イベント)に関する記憶

損失回避性

損失を、利益よりも大きく評価する心理効果のこと。
新たに得られる利益からくる満足より、同額の損失がもたらす苦痛の方が大きいと感じる現象。

バイヤーズリモース

買い物をした直後に感じる不安や後悔の感情。
商品の品質に関係なく発生するため、こうした不安を解消することで返品や解約のリスクを下げ、リピートに繋がることが期待される。

親近効果

最後に提示された情報の再生率が良いこと。「新近性効果」とも言う。
接客業における「お見送り」など、最後の情報で印象が決定されやすい。

リフレーミング

事実に対して与えている意味づけを変え、異なる見方でとらえ直すこと。
例えば不動産物件の「徒歩15分」という表現に対して、「駅から遠過ぎて資産価値が無い」「歩けば健康に良い距離」など、同じ情報でも人によって受け取り方が違う現象。

想起集合

マーケティングにおける想起集合
例えば消費者に対して、ある分野のブランド名や企業名を想起させる「○○と言えば?」といった質問をした際に想起された一群(通常3~5個程度)を想起集合、もしくは喚起集合と呼ぶ。

準拠集団

個人の価値観、信念、態度、行動などに強い影響を与える集団。
何かを決めるときに判断の基準となることがある。